新築

New construction

夢を実現するためのマイホーム作り。住み心地や耐久性そしてご予算など、やはり慎重に計画したいものです。木造住宅には様々な工法があり、在来工法による木造建築、2×4(ツーバイフォー)による耐震性能の高い住宅など様々です。
これらの工法の中で、十分な打合せの上、皆さんのご要望に一番合った設計・施工をご提案致します。
建築中から完了後のアフターまで、タックケンは大工のこだわりと職人の誇りを持って、顔の見える安心の家づくりで皆さんをフォロー致します。

こだわりの木造住宅

大工の技術、職人のこだわりで作る在来工法の木造住宅、完全自由設計です。長年の伝統で培われた在来工法で建築された住宅は、経年変化にも強く、飽きの来ない充実した暮らしが送れます。
もちろん皆さんのご要望に沿った機能や設備にもお応えいたします。
厳選された木材を使用し、卓越した大工技術でしっかりとした骨格で作られた住宅には風格すら漂います。日本の伝統文化とも言える、地元の職人による経験と技術に裏付けされた住まい作り。ぜひご検討ください。

木造住宅ツーバイフォー

2×4(ツーバイフォー)工法の特徴は面構造により、耐震性や断熱・気密性が非常に高いこと。さらに設計プラン・デザインも自由度も高い優れた特性を持ちます。面構造の住宅は、枠材と面材が一体となり地震・台風等の外圧力を建物全体で支えるために、負荷を分散し耐性を高めています。
木造住宅ですから、当然、高温多湿な日本の気候にも効果的です。夏には涼しさを、そして冬には温もりを、木の家にはこのような特性を備えています。

家作りの流れ

STEP1.地盤を知る

家造りの工事前に行う事、それは地盤調査です。
住宅の基礎や建物がどんなに丈夫でも、地盤が弱ければ沈下などによって、住宅が傾いてしまいます。
今回はこの地盤調査の結果により、地盤強化を行いました。

STEP2.基礎工事

表層改良工事が完了すると、基礎工事を行います。
家屋を支える重要な部分です。
作業が完了すれば、いよいよ上棟となります。

STEP3.上棟

基礎工事完了後は、いよいよ上棟です。
熟練の職人さん達の手により、スムーズに作業が進みます。

STEP4.屋根の断熱

外断熱の住宅ですので、先ずは屋根に断熱材を敷きます。
その後に、屋根の下地を施行していきます。
この作業が済めば、側面の断熱材の施行を行います。

STEP5.壁面の断熱

外断熱の家ですから、もちろん壁面も断熱材で覆います。

STEP6.完成間近

外壁も貼り終わり、後は内装を整えます。
いよいよ完成間近です。

STEP7.内装など

外断熱の家ですから、もちろん壁面も断熱材で覆います。

リフォーム

Renovation

日々暮らすご自宅も年月がたてば色々な変化が…。基本部分の劣化は少なくても、部分的な破損や汚れも目立ってきます。
また、生活様式の移り変わりにより、住居スペースや機能面での見直しも必要かも知れません。バスルームやキッチンのリフォームやリビングを広く使いやすく改造するなどは代表的な事例です。
タックケンは長年の経験と知識を基に、皆さんのライフスタイル・ご予算に合わせたご提案・施工を致します。先ずはお気軽にご相談ください。

ご自宅のリフォーム承ります

一言でリフォームといっても、規模も種類も様々です。キッチンの使い勝手の変更・室内の間取変更・水周りやトイレの改修…etc
その他さまざまなお客様のご要望にお応えいたします。
右図は階段の改修時に収納スペースを加えさせていただきました。
これによりさらに居住空間を合理的にご使用いただけます。

アイワン耐震補強について

建物の外側からの工事が可能なので室内で作業することがなく、日常生活への支障がありません。
外装材もそのまま施工するため、仮設・修理・仕上げ工事もほとんどなく、簡易で低コストな耐震補強工事です。

外側から取り付け可能なアイワンボルトを梁と基礎に固定し、次にターンバックル付ブレースをボルトにかけます。

アイワン耐震補強の講演会に参加しました

8月1日、名古屋にて名古屋工業大学の井戸田さんによる講演会に参加してきました。
井戸田先生は、耐震補強についてのスペシャリストです。
>>名工大井戸田研究室ホームページ
今回は、東日本大震災での事例等を踏まえたお話しが中心でした。
スライドを多用した講演では、報道では知ることの出来ない、東日本大震災の建物被害について、多くの情報を聞くことが出来ました。
特に印象に残ったのは、
巨大地震が予測される東海地方での耐震補強は、従来よりもさらに進めた、より計画的な補強が必要になっている。…ということでした。

耐震改修の効果について
アイワン工法代理店は定期的に研修を行っております

アイワン工法を正しく施工するために、常に最新の技術を理解していなければなりません。
そのために、定期的に代理店が集まり、研修会を開いています。

アイワン工法代理店は定期的に研修を行っております

代理店会議を年に数回行っています。
この会議ではアイワン工法について、改善案や改良点などの意見を出し合っています。現場の声を反映させる事により、さらなる高度な耐震補強を目指しています。

木造住宅の耐震リフォーム

市町村無料耐震診断のご案内
昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅は耐震診断を受けましょう!

愛知県の市町村では、昭和56年5月31日以前に着工された「木造住宅」の無料耐震診断を実施しています。
耐震診断員が診断結果から耐震改修工事を行う場合の目安となる「概算工事費」をお示しします。
知多半島地域でのご相談は、一級建築士・耐震診断員の有資格者が在籍する有限会社タック・ケンまで、お気軽にご相談ください。
※無料木造住宅耐震診断を受けるには各市町村へ申込書の提出が必要です。

TEL 090-3835-0243

受付時間:9:00~19:00

知的所有権登録 第012048号

半田市有脇町10-77

TEL 090-3835-0243
(代表番号)0569-28-5111